【サッカーネタ】コスタリカ戦の感想

コスタリカ戦残念でした。
内容が面白かったかというのはともかく、コスタリカはよく守りました。
そして日本はやはり引いて守る相手には攻め切ることができませんでした。

そしてコスタリカはここぞのタイミングで見事に点を取っていきました。
そこには脱帽です。

では、、感想を・・・・・

 

----------
【前半】
・両者ともに攻撃もしながら面白い試合展開
タラレバになるが、前半で点を取れていれば勝てたと思う。そう思うと惜しい。。。
日本はグラウンドの左右を幅広く使って攻撃を仕掛けていたと思う。ドイツのいい流れを持って臨めていたような気がする。
前半は白熱しつつ魅力もあり、面白い試合展開だった


----------
【後半】
・アジア予選で散々見た景色をワールドカップで見せられた。しかも面白くない

・アジア予選でもそうだが、日本はボールを持っていたのではなく持たされていたように思う
以下のサイトでHeatmapsを見ると、どこでプレーしていたのかがわかるが、まったくと言えるほど攻められていない
Whoscored.com(サッカーのサマリーや結果などがみられるサイト)

https://www.whoscored.com/Matches/1639879/Live/International-FIFA-World-Cup-2022-Japan-Costa-Rica

 

ドイツ戦のヒートマップを見ると、ドイツはコスタリカ戦に比べてペナルティーエリア内まで侵入してプレーしている。
これができない日本の攻撃はまだまだ厚み、脅威が少ないといえる。

 

・崩せない
引いてゴール前を固めた相手に何もできず、RSB→RWG→突破できない→RSB→RCB→LCB→LSBの不毛なパス回しを繰り返していた(特に失点するあたりから)。
フォーメーションチェンジもあったが、SBがボールを運ぶ、SB/WB、CMFがスペースを使う動きをしない。
引いて守る相手の場合、だいたい赤いエリアなどが開く、ここに動き出す選手がいて、第3,4人目の動きがないと引いて守る相手は崩せない。

 


アジア予選でも日本が崩せないときはこういった展開が多い。
結局連動した動きがないから崩せずに日本はひたすら相手が怖くない位置でボールを持たされる。
ペナルティーエリアに侵入できない相手などそこまで怖くない。
ドイツ戦でのハラハラの差はそこにある。
そのうち焦れて、疲れてつまらないミスをする。
これを拾ってドン!

 

・言い方は悪いが後半の戦犯はSB/WB、CMF
上記のように崩しをしなかった。戦術伊藤/三苫にしてもサポートがあまりにも少ない。
下がりすぎ、前線に張り付きすぎ感は否めない。
ロングボール放り込むパワープレーならば前線張り付きでもいいが、日本はしないのだから最後まで崩しに徹するべきだったように思う

 

三苫はよかった
三苫がなぜ良いと思うか。それは個人技で勝負できて突破できるから。
突破されるとカバーのためにDFラインが崩れる。崩れてしまえばシュート/パス/ドリブルと選択肢が増える。

 

・一方で,,,
第2戦にどこまでのリスクを負うか、追加点をもらった場合を想像したときにどこまでパワーをかけられたのか。
これは監督の腹を括る具合なので正解はないです。
否、全てに正解などないのだけど。


さて、今夜はスペイン戦です。
どうなるでしょうか。

What a World Cup!!

こんにちは。

 

ワールドカップがいよいよ始まりました。
連日熱戦が繰り広げられる中、ものすごいジャイアントキリングが発生しました。
サウジアラビアがアルゼンチンに逆転勝利!
そして日本がドイツに逆転勝利!!

 

連日のジャイアントキリングに興奮しています。

 

ドイツの開幕戦逆転負けは数十年ぶりだそうです。
そして複数のアジア国が優勝経験国に勝つことは史上初だそうです。
気温というのもあるでしょうが、アジアのレベルが少しずつ世界に近づいているのでしょうか。
(書いている日は韓国がウルグアイに引き分け)
正直、今回のアジア枠は全国全敗もあり得る組み合わせです。
このアジアの勝利は非常にうれしい。
「アジア弱いじゃん。出場枠減らそうぜ」とならないためにも勝利は必要です。


さて、日本はドイツ戦で何が良かったのか。何が悪かったのか。を考えてみました。


----------
【前半】
・1点で抑え、追加点を許さなかった
・RSBの酒井とRWGの伊東との間に空いてLSBが位置し、マークが曖昧だった
・LSBを中心に左の崩しが多用された
・ニャブリやムシアラの動きに対してマークの受け渡しが対応しきれていない
・球際が甘く、ボールの保持に余裕を持たれているようだった
・相手のSBが高い位置をとり、それの対応に日本のWGがつくことで、後ろ重心になった
・結果、ボール奪取後も重心が後ろになってしまい、伊東や前田のスピードある攻撃が使用できなかった

 

----------
【後半】
・いうまでもなく、良くぞ点を取ってくれた
・よくぞ攻撃を耐えてくれた
・4バックから3CB+2WBに変更したことで、相手の左SBの押し上げに対応できた
ミュラーギュンドアンを下げて以降、中盤でのゲーム支配が上手くいかなかった
・中央突破→日本の守備陣を中央に集め→サイドのスペースを使用→日本が広がる→中央を使用といった相手を弄ぶような崩しが後半は見受けられなかった
・ハンジフリック監督が日本の後半の対応に対して効果的な対応が出来なかった
・ハンジフリックが森保監督との戦術カード勝負で負けたと言わざるを得ない

 

----------

 

こんなところが感想と分析です。

”また”骨折した話

こんにちは。

 

また骨折しました。
しかも前回と同様、右手薬指の第一関節を。。。

 

何をしてかというと、今回もサッカーです。
前回はフットサル中、GKの私がハイボールをとり、着地したところに頭があり骨折しました。
マレット骨折というようです。
骨と腱がくっついている部分の骨がポキッととれるように骨折しているのです。
そして私の場所の場合、手を広げた時に指先だけが曲がってしまう状態になるようです。

 

そして今回は2回目。
無事に治るのでしょうか。
医者曰く、
「私は手術を勧めます。しかし完治するかは保証できません。完治の可能性は高いとも言い切れません」
「固定で治るかもしれないし、手術で治らないかもしれない」とのこと。

 

さて、どうしましょうかね。。。

 

 

【追記】

手術しました。

約1か月間指に針金が入っていますw

サッカー好きなおじさんがワールドカップ全試合予想

こんにちは。

 

いよいよワールドカップが始まります。

そこで今回は、サッカー好きのおじさんがワールドカップのグループ戦、トーナメントの全試合を予想して優勝する国を予想しました。

 

ではどうぞ

勝ち・・・3pt

引き分け・・・1pt

負け・・・0pt

勝ち点→得失→得点の順番で優劣を決める

 

グループA~D

グループ戦1

グループ突破する国は無難な国ですが、火種が多そうなフランスがユーロに続いてデンマークにしてやられる。という予想をしました。

 

----------

グループE~H

グループ戦2

こちらも突破国は無難。

というより、今大会は波乱が起きにくそうなグループです。

だからこそ中堅国には頑張ってダークホースになってほしいところです。

日本は死のグループって言っているのは日本だけです。

普通に考えて順当です。

スペイン3大会前の優勝国

ドイツ2大会前の優勝国

なのですから。場数が違うでしょう。

 

----------

決勝トーナメント

トーナメント

グループ順位の妙により、上半分がえげつない組み合わせになることでしょう。

そしてユーロ同様、楽な組み合わせになり、消耗が少なくイングランドとドイツがベスト4へ。

終始ドイツペースな中、粘り切ってイングランドが決勝へ。

上側のブロックは死闘に次ぐ死闘、どの試合もめちゃめちゃ面白い事でしょう。

そしてブラジルとイングランドが決勝で戦いイングランドが優勝します。

 

 

さあ、おじさんの妄想はどこまで当てられるか!!

楽しみです!

 

 

みんな大好き幸福で自由度の高い北欧圏で暮らした感想

こんにちは。
年に2,3回はTwitterで話題に出てくる「北欧は豊かな国。日本はダメ」論調。
これに対して北欧で3か月ほど生活したことのある人間が書いていこうと思います。

【前提】
・生活した国はエストニア(国連の括りで北欧。所謂バルト三国の1つ)
・生活した期間は9~12月
エストニア以外の北欧の国々は未踏の為、実際は不明
・仕事をしたわけではないので、仕事については不明

----------------------------

【北欧(エストニア)の良いと思うところ】
・広さ
エストニアに到着し、最初にすごいと感じたことは広さです。
国土は九州程度の中に、さいたま市(130万人)程度の人口が暮らしています。
首都のタリンは岐阜市(40万人)程度が暮らしています。
そのため、人口密度が低いのです。
日本のように国土の7割が山野ではなく、全て平坦な土地なので余計に人は分散しているように感じます。
ゆえに土地をふんだんに使用し、大通りは広く3車線、バス停の為に停車場があり、5m程の歩道に屋根付きのバス停があったりましす。
住宅も集合住宅も建物の距離が広く、「窓を開けたら隣の家の部屋の中が見える」というようなことは起こりません。
だって10m以上離れているんですもの(場所による)
ちなみに、住宅地に並ぶアパートは旧ソビエトの風景が残ります(1980年代のものが多いらしい)。
しかし外観はきれいなので情緒を残すといった感じでしょうか。

住宅地においての空間の広さは生活するうえでとても良いと思います。

※旧市街などの古い町は住宅の距離が近いです。


・首都における交通の高利便性
人口が少ないこと、都市規模が小さいが故の便利さといってもよいでしょう。
バス、トラム、トロリーバス、電車、自家用車と移動手段は多くあります。
また、中心部では多くの路線が乗り入れていて各方面へ容易に移動できます。
中心地を少し離れた市内でも、バス停は複数路線あり、また10分も待てば乗ることが出来ます。
主要な場所も1度乗り換えれば、ほとんど行くことが出来るため市内移動は容易です。


・街の規模が小さいが故に見どころが近く、移動も容易
タリン市内で言うと、東はPirita 教会跡地、西はタリン動物園と見どころは広がっていますが、10㎞程なので距離としては近いです。
バスなどをうまく使えば、様々な景色とともにタリン市内を楽しめるでしょう。
また、タリン市内は先述の通り、バスが多くあるため商業施設や旧市街などの観光名所に簡単に行くことができるでしょう。


・幹線道路(高速道路)の車線が多く、信号ではなく合流を用いるため渋滞は少ない印象
もちろん場所によりますが、幹線道路への侵入は(幹線道路同士でない限り)多くが合流になっています。
そのため交差点のサイズは大きくなってしまいますが、東京で言う環七、環八の渋滞のようなものはあまり見ません。
主要な道路は3車線になっており、移動する車両数に対して余裕を持っているようです。
とはいえ、混むときは混みます。でもイライラするくらい進まないということはありません。


・物価の安さ
全ての商品がそうではないですが、ドン・キホーテ業務スーパーなどのディスカウントストアで買うような価格です。
価格が同じなのはコカ・コーラですねw


・街の景観
よく言われるのが旧市街の景色です。「おとぎ話の世界のようだ」と称されます。
雪化粧した旧市街はまさに物語の世界のような幻想的な風景になります。
そして夏は道に照らすが出来、外で楽しくお酒を飲んでいる人を見かけます。

旧市街から少し離れたKesklinnあたりは、ヨーロッパのアパート感があり重厚とした雰囲気を醸し出します。
また更に離れた(映画TENETのロケ地になった)辺りでは1980年代に建てられた建物が多くあり、所謂ソビエトのアパート群を存分に楽しめることが出来るでしょう。
私はこの景色の移ろいに毎度感動します。
中世からソビエトまで、そして少しずつ現代の建物も増え時代を多く見ることが出来ます。


・大体のことはwebでできる
これは仕事をしたり、エストニア人にとってと言えることでしょう。
例えばネット投票で選挙に参加できます。
市役所の手続きなどもWebで行えます。
便利なようです。


・ショップで店員がぐいぐい来ない
ショップに入ると「Tere(こんにちは)」以上のことを言いません。
「何かお探しですか?」「これなんかどうでしょう?」と謎のおすすめもしてきません。
静かにゆったりと買い物できます。


・休日のスローライフ
私が滞在した家では休日は実にスローライフでした。
土曜日は家の掃除や庭をいじり、ティータイムをして自由時間、また家の仕事やご飯を食べ、自由時間やティータイムでおしゃべり、晩御飯の後はサウナに入り一日が終わる。
日曜日も同じような感じです。
とにかくスローライフ。日本で休日に都内で過ごすときの忙しなさがここには何もありません。


----------------------------

【良いとは思えないところ】
・規模が小さい
エストニアは人口130万人程度しかいないため、とにかく規模が小さいです。
日本の郊外にある大型複合施設(イオンやセブン系列のショッピングモールなど)が首都に数件あるくらいです。


・選択肢が少ない
スーパーマーケットが4社くらいが強く、あとは地域の商店くらいです。
複合施設に行けば、世界的なブランドは購入可能ですが、池袋や新宿や渋谷のように多くの独自ブランドが並ぶわけではないです。
それなりの選択肢はもちろんありますが、日本と比較したときに面白みのあるものを求めると探すのは困難かと思います。
それこそ、渋谷のギャルっぽい物、原宿の独自文化感は見た記憶がないです。


・「何もない」を愛せない人には多分無理
郊外なんか特に何もないです。
私が滞在した場所では、徒歩圏内に買い物できる場所はありません。
4㎞先にやっているのか不明な商店があり、10㎞ほど先に小さな商店(コンビニくらいの規模)があるだけです。
娯楽施設?競技場?10㎞先に行けばあるのでは???
郊外に住む場合、休日は庭や家の手入れをし、のんびりとお茶を飲んで過ごす事を受け入れられない人は無理だと思います。
日本の田舎でもそうですよね。
※どのような郊外に住むかによって変わります。


・郊外は完全な車社会
バスが主流の公共交通の為、どの町にもバス停はあります。
私の滞在した場所では2㎞先に30分に1本間隔でバスが来ます。
どこに行くのかは乗ったことないのでわかりません。
そのため、完全な車社会です。
ああ、北海道のようです。
風景もまっ平で、道はまっすぐで、白樺や北部の楓のような木が生え、牧草があったりします。

 

----------------------------
とはいえ、それぞれの国でよい悪いがあるという事です

異世界に転生したら勇者パーティーに追放されたので片田舎でスローライフを送る悪役令嬢は最強につき〜ハズレスキルのチート付与術師は精霊と妖精に愛され冒険者としてダンジョン攻略しながら領地を改革する今更謝ってももう遅い〜

異世界に転生したら勇者パーティーに追放されたので片田舎でスローライフを送る悪役令嬢は最強につき〜ハズレスキルのチート付与術師は精霊と妖精に愛され冒険者としてダンジョン攻略しながら領地を改革する今更謝ってももう遅い〜

 

第一回

トラックに轢かれたら異世界に転生しちゃった主人公。

付与術師として冒険者として生きていたら勇者パーティーから追放された。

ギルドからも追われたけど国外で出会った精霊と妖精に愛される。

 

第二回

前世の記憶と、精霊と妖精の力を借りながら万能魔法を使ってダンジョン攻略します。

主人公を溺愛している辺境伯と共に領地を改革し、農薬と堆肥と石鹸を作り出し農作物の収穫増を達成。

 

第三回

突然現れた魔族を手助けしたら気に入られた。

一方、追放した勇者パーティーはダンジョン攻略に失敗して大恥をかいてざまぁな展開に。

 

第四回

第二王子に気に入られた主人公は前世の記憶を使って商人として大成功。

スローライフを送りました。

 

 

なろう形ってこういう事?(偏見)

祈るということを無宗教の自分なりに考えてみる

こんにちは。

何やら夏頃から宗教団体が話題です。

私の周りにも様々な宗教の方がいます。

 

彼らはそれぞれに、それぞれの形で対象に祈りをささげています。

 

そもそも宗教とは、祈るとは何なのでしょう。

それをふと考えたので書いていこうと思います。

 

宗教とは・・・

宗教(しゅうきょう、(英: religion)は、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在への信仰を主体とする思想体系、観念体系であり[1]、また、その体系にもとづく教義、行事、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。

Wikipediaより引用

 

 

私がここで書きたい宗教の概念

・宗教は多種多様

地球は広く、人間は様々なところで多様に生きています。

同じ日本でも北海道と沖縄では文化が違います。

人種や国のルーツ、文化が違えば当然考え方が違います。

なので、同じ宗教でもその国や地域によって解釈が違います。

当然ですね。

 

・何が良い/悪いではないが、自身に合う/合わないはある

それぞれの地域に、それぞれの信仰の主流があることでしょう。

欧州はクリスチャン、中東はムスリム、アジアは仏教etc

過激派組織のせいでムスリムは怖い印象がありますが、とても人の好いムスリムがいることも事実です。

なので、この宗教が良い/悪いというのは存在しないと思います。

ただし、信仰していて違和感を覚えたりすることはあると思います。

食べ物の好き嫌いがあるように、宗教に合う合わないはあって然るべきかと。

 

・日本の宗教観は自由である

では日本(私の周辺)ではどうでしょうか。

一年間のイベントを思い出してみます。

正月(神社や寺へ初詣)

成人式

バレンタイン

ホワイトデー

卒業/入学式

イースター(デパートやテーマパーク)

GW

お盆

ハロウィン

クリスマス

 

神道、仏教、クリスチャンのイベントがあります。

そして敬虔な人でない限り、このイベントを楽しんでいるのが日本人でしょう。

ではその人たちの宗教は・・・?

神様仏様と言いますよね。。。

 

おそらく、日本にとって外国から入ってくるものはある程度許容される文化なのでしょう。

神社に祈り、自然の中には様々な神様がいる。

そして墓参りに行き、先祖に手を合わせる。

楽しげなイベントに盛り上がる。

これが日本の宗教観なのでしょう。

 

 

・祈るという行為

祈りとは・・・

祈り(いのり)とは、宗教によって意味が異なるが 世界の安寧や、他者への想いを願い込めること。

利他の精神。 自分の中の神と繋がること。

神など神格化されたものに対して、何かの実現を願うこと。 神の定理は各宗教による。祈祷(祈禱、きとう)、祈願(きがん)ともいう。儀式を通して行う場合は礼拝(れいはい)ともいう。

Wikipediaより引用

 

私の中で信仰は「自分を律するため、自分の生き方の指針にする対象を見つける。またはそれに沿う行為」だと思います。

自分の生き方は人の道に反していないですか?

その人の道は信仰に沿ったものですか?

誰も見ていなかったとしても、自分自身が見ている。その自分自身に恥ずかしくないですか?

これを振り返る行為が信仰なのだと思います。

 

そしてその振り返る時間の一つが祈りなのだと思います。

寺社仏閣で祈る行為も、道端のお地蔵さんに手を合わせる行為も、

決まった方向に向かい祈る行為も、十字を切る行為も、自分の中にある信仰対象に向き合うことなのだと思います。

 

 

・日本人(特に信仰する宗教がない人)は特に自由だと思う

正直、日本人が十字を切ろうとも、メッカに向かおうとも、自由なのだと思います。

信仰対象を通じて自身に向き合うのですから。

なので自由に祈ったらよいと思います。

ただし、それら宗教や信者に対してのリスペクトを持つことが大前提だと思います。

その空間に合ったやり方でよいのだと思います。

 

 

 

 

というのが、無宗教(特に信仰する対象がない)である私の考えです。

きっと敬虔な方からはありえないと思うかもしれません。

その思いは最もです。その信仰の尺度で判断するのですから。

しかし私にとっては「自身と向き合う行為」なので、その所作に区別は不要だと考えます。

知らんけど

 

是非、皆さんも自分に合った信仰や自分との向き合い方を見つけてみましょう。